NPO法人横浜市馬術協会

横浜市神奈川区

三ッ沢西町11-26

三ツ沢公園馬術練習場内

電話/ 045-311-0789 

FAX/ 045-311-0780

※電話受付時間

定休日を除く8:30~17:00(夏季期間中は変更になります。)

定休日;月曜日

         (祝日の場合翌日)

 

 

現在の馬場状態を確認できます

    ライブ画像

 

 

動物取扱業登録

登録番号:

保管:10-064号

展示:10-067号

訓練:10-0150号

 

加盟

(公社)日本馬術連盟

(公社)全国乗馬倶楽部振興協会

(公財)横浜市体育協会

 

 

 

【ご見学希望の方へ】

◎営業時間内でしたら自由に見

 学できますので、注意事項を 

 お読みのうえ、馬場脇の観覧 席でご覧下さい。

ただし、原則厩舎内の見学は、馬の安全衛生管理上ご遠慮いただいております。

 

◎写真撮影につきましては、

本人の承諾を無しに撮られますと撮られている方がご気分を害される場合もございます。

従業員にお声を掛けて頂き、撮っていただきますようご理解の程お願い申し上げます。

施設案内図/注意事項
annnaizu.pdf
PDFファイル 950.4 KB

 

 

本ホームページに掲載されている画像・文書等すべての内容の無断転載・引用を禁止します。

NPO法人横浜市馬術協会 のご紹介

 

住所;横浜市神奈川区三ッ沢西町11-26三ツ沢公園馬術練習場内

電話番号;045-311-0789 / FAX 045-311-0780

メール;お問い合わせよりご連絡ください。

 

昭和213月に故須藤英雄氏を中心に乗馬愛好家たちが集まり、神奈川乗馬クラブを三ツ沢の地に開設しました。昭和234月には横浜市馬術協会を設立し、同時に横浜市体育協会に加盟しました。その後神奈川乗馬クラブは昭和2310月に神奈川県馬術協会に改組され、昭和30年に第10回神奈川国体が川崎競馬場で開催されたのをきっかけに昭和33年に横浜乗馬倶楽部が横浜市馬術協会の付属施設として県下乗馬愛好者に対する乗馬講習会、各大会を行う為に三ツ沢公園に開設されたのが始まりでした。平成4年までは県馬術協会も横浜市馬術協会、横浜乗馬倶楽部と同じ場所に事務所を構え、共に、運営その他で協力しあい、活動を行ってきました。昭和50年代には、馬術練習場の拡張と厩舎を新築しました。平成10年には横浜市馬術協会と横浜乗馬倶楽部が一本化をしました。

平成15年度には、厩舎の老朽化に伴い、昭和時代からの古く趣のある厩舎、馬場から、近代的な厩舎施設へと同じ場所内ではありますが、横浜市の協力を得、新築しました。馬場の方も全面改修工事を行いました。

施設、馬場が充実できたことがより一層今後の活動においてより発展していこうと長年にわたって非営利的に会員組織による運営を行ってきましたが、近年は市民の乗馬スポーツに対する理解も増し非営利的な運営と地域社会への貢献をよりいっそう鮮明にすべき方法を模索しようということになり、平成178月にはスポーツ発展の為の、会員制の「横浜乗馬倶楽部」とその主管機関である「NPO法人横浜市馬術協会」を立ち上げ、両者共に広く地域住民や高齢者、青少年、心身障害者に対し、馬術の習得を通じての心身の鍛錬、動物愛護精神を強化する場を提供するとともに、スポーツとしての乗馬の普及、発展ならびに乗馬愛好者の親睦を図り、もって社会教育の推進及び社会福祉の増進、ならびにスポーツの振興に寄与していこうと、意欲を持って横浜市の委託を受けて主管機関である「NPO法人横浜市馬術協会」が三ツ沢公園馬術練習場を使用して管理運営していくこととなりました。

三ツ沢公園馬術練習場は交通の便にも恵まれた横浜市内の静かな園内にあり、一般市民が気軽に乗   馬体験できます。